読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩繰返す

僕は、僕らしい生を許されるだろうか?

ポンコツな僕は情けなくて、ごめんなさい。

ご無沙汰しています。

 

ストラテラの量を80mgに増やしてから、暫くまた更新していませんでしたが、少し大変だったのでちょっと書いてみようと思います。

 

本格的な治療も始まり、頑張っていこうと思いアルバイトを始めることにしました。

 

以前は清掃のバイトをやっていました。大学生から上は勤続20年のベテランバイトのおじさんなどもおられて和気藹々とした雰囲気で働けていました。

 

地元でもそういうバイトがあれば良いのですが、なかなか上手く見つけられずにいました。

そんな中で、かつての通塾経験から家庭教師をしてみようと思い応募。そして勤務先の家庭が決まるまではその会社がやっている個別指導塾でも働くことになりました。稼ぎたかったんですよね。

ただ、「稼げるからいいか」という軽い気持ちで受けたことでとても後悔することになりました。

 

教育業界は人手不足が叫ばれているようで、この塾も生徒数に対して講師の人数が追いついていないようでした。

僕は担当可能な教科を予め申し出ていましたが、先日の初出勤ではその担当外の教科の指導を任されてしまいました。しかも、初出勤の当日に。

 

予習できていたならまだしも、授業システム的にそれは難しいことでした。また、1対2の指導で2人を並行して指導しつつ、場合によっては左の生徒と右の生徒で違う教科を指導することになり、更には生徒の指導記録をかなり精細に書き込む必要もあります。

 

ハッキリ言って、今の僕に出来るわけがありませんでした。

 

安易に引き受けた僕にも考えの甘さがあったし、情けなくもある話なんです。

しかしながら、指導できない教科を指導させられたり、あとは当日になって追加で一コマ余分に授業させられたりすることになったり、今の塾には不満と言うか自分には合わないことが多すぎるように感じてしまいました。

 

なので自分の為にも、塾の他の講師や教室長に自分の発達障害で大きな迷惑をかけない為にも、個別指導の方は辞めるつもりです。

 

発達課題に対しての、逃げではないか??

 

と思う部分もあります。しかしながら、今の自分にとってはあまりに高い壁となっていて、ストラテラを服用して頭がよく働く状態なのにも関わらず発狂して頭が真っ白になってしまうほどのタスク。これをどう足掻いても今後続けていけるとは思えませんでした。

 

ストラテラを服用してからの自分はとてもイキイキしていたというか、なかなか出来なかったことが出来るようになって、これからの人生を巻き返していくんだ!同期に少しでも追いつくんだ!というやる気でいっぱいでした。

 

しかし、今回久しぶりに何も出来ない自分の感覚を味わったことで、心が一気に折れかかりました。

 

情けないです、申し訳ないです。

ですが、僕が健やかでいるためには、また逃げるしかないのかなと思いました。

 

 

久々の更新がこんな暗い内容になってしまい、申し訳ないです。

 

少しでもまた上向いていくように、頑張ってみようと思います。