読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩繰返す

僕、ADHDかも。 →  僕、ADHDなんだ。

「ええいままよ」の精神。

生活

今朝から早速だが早起きしてみています。投稿時間が証左になるのではないかと思う次第ですが、やはり慣れないことをするのは大変ですね。心身ともに追いつかないと言いますか、拒否反応のような感じですね。 

 

起きてすぐに、用意しておいた白湯(もしくはコーヒー。いずれも温かいもの)とバナナを食べ飲み、これを朝運動のエネルギーとします。  気持ち、体の冷えて固まった部分が少しほぐれたような気がしました。

 

朝の下がりきった体温をあげることが目的なので飲み物と運動でそれを達成する、という具合。

 

運動はごく普通の筋トレなどもやる予定ですが、気になって取り入れてみたのはLSD(ロング・スロー・ディスタンス)ランというもの。

先日、雑誌Tarzanに掲載されているのをたまたま見つけ、「運動が苦手な自分でも大丈夫そうだ」と感じました。

 

LSDは直訳で「長くゆっくりかなりの距離を移動すること」だそうで、マラソンのトレーニングなどにも取り入れられる立派なトレーニングなのだそうです。

 

会話が出来る程度の緩やかなスピードで走り続けることで、運動に苦手意識を持つ人でも続けやすいのだと思われます。

 

実際、僕もつい先程その通りに走ってきましたが「こんな早さでいいのかな…?」と不安になりつつ30分間走り続けたら、しっかり汗もかいて、1度も立ち止まること無く完遂出来ました。

やってみて僕が感じたのは、やはり「ゆるい目標を設定することの重要性」なのかなと。

 

朝活、ジョギング、30分間。というと個人的にはかなりキツイ運動だというイメージがあります。朝起きるのは辛いし、ジョギングだって体重があって足壊しそうだし30分間て…と思わずにはいられないと思います。

 

しかし何事も達成しないと意味が無いので、まずは緩く確実に達成できる目標を据えてラクラク越えてゆくのが大切だと感じています。

 

LSDでスピードを緩く設定したことで僕は

 

・30分間走り続けられた

・運動することで眠気を解消でき、晴れやかな気持ちになった

・自分に見合ったペースで「目標を達成した」

 

といったことに、まだ初日ですが成功しています。これはとても魅力的ですね。

 

ただ運動初心者なりに思うのは、LSDの緩いスピードで街に出ると普通のスピードのランナーやジョガーの方々がおられるので、その差に恥ずかしさや劣等感を感じてしまうことですかね。これは先入観としても、最初の1歩を邪魔する要因かも知れません。

 

なので、僕はかなり早起きして朝の4時半頃から活動を始め、5時過ぎには走り出しました。その位だと今の時期はまだ辺りも暗いですから他の方が気になりません。朝早く起きるのは少し大変ですが、その分いつもより早く寝るようにしたら良いです、当たり前ですが。

夜ふかしの理由は様々ですが、べつに「今夜じゃなくてもいいこと」は思い切ってやめてしまって、翌朝に持ち越すくらいの気持ちでいたらいいでしょうね。あと無駄に布団に入ってからスマホをいじらない。笑 ただ、朝起きてからスマホ弄るのはいいですね、ブルーライトの関係なのか目は若干覚めるように感じました。

 

あと、暗い時間から始める場合には安全なのために蛍光色のタスキなどをかけて走った方が車との接触等も防げて良いかと思われます。今朝は何も危ないシーンはありませんでしたが、いつ何が起こるかわかりませんので備えておくに越したことは無いでしょう。

 

 

などなど、初めて朝活やらLSDやらをやってみましたが、やはり初日。立てた予定通りに進まないこともしょっちゅうでしたので、しばらくは試行錯誤ですね、これは…😅

 

これからも何か気付きがあればその都度紹介していきたいと思います。

 

自分は肥満がコンプレックスで、体重も90キロ程あり運動はもちろん苦手なのですが、そういう初心者の視点からもLSD含め、運動のことを見つめていけたらと思います。