緩繰返す

留年&無い内定で大卒 / その後ADHD発覚 / 自分に合う働き方・暮らし模索中 / ギター弾きます / ダイエット挑戦中

田舎暮らしをポジティブに捉える

どうも、さっそくネタが枯渇している疑惑の僕です。

 

「書きたい!」という気持ちと「書く」ということは、当たり前ですが全くの別物ですね。笑

記事にするほどの分量が無かったりするのでたいていメモ程度にして満足してしまいます。以前の書き方が小ネタの集合体みたいな感じだったり、グダグダと長く綴っていたのはこういうところが理由なんだろうなと思います。

 

さて、本題。

 

 

 

すっごいひきこもってるよ

先日の豪雨があった一週間ほど前あたりから、ゴミ出しや食材の買い出し、ジョギング以外で外に出ることがほとんどなくなりました。引き籠りマンになってます。

 

朝起きてラジオ体操をやり、コーヒーとヘルシアプロテイン飲み、あとの時間はブログのネタやメモを書いたりアニメ観たり動画観たり本読んだり庭の草取りしたりと、なかなかストレスフリーな生活をさせてもらっています。もちろん人生の貴重な時間を犠牲にしながら、ですけど...。

 

ただ、欲張りだなと思いつつ正直言うと「退屈」です。贅沢なんでしょうけどね。

 

退屈そしてヒマ、更に選択肢が少ない

今生活している実家の周辺は今の時代なかなか珍しく住宅地として開発が徐々に進んでいます。どうやら人口が増加傾向なのだそうです。

 

そんな町ですが発展途上ということもあり娯楽があまりにも少ないので、日々の楽しみを見つけるのに苦労しています。

 

車に乗って少し遠出すれば、大きな商業施設だったり県庁所在地の街まで行って映画を見たりショッピングなどもできるんですが、僕が求めているのは「徒歩あるいはチャリで少し行ったところ圏内」にある娯楽なんです。

 

そうした近辺にあるお店でよく利用している場所といえば、コンビニです。ぶっちゃけコンビニが下手な店より「居て楽しい(?)」という状況です。

雑誌を読めばいろんな情報が入ってきますし、あと、コンビニの商品の移り変わりとかってささやかな楽しみだったりしませんか? 今の僕の場合、かなり大きなイベントみたいな感じになっています。笑

 

 

「じゃあ遠出すりゃいいじゃん!」って話なんですけれど、僕は今ストラテラを飲んでるので車の運転がムリ、というか免許もありません。

なので公共交通機関に頼ることになるんですが、交通費がけっこう痛いです。交通費のことを毎回気にしながら遠出してまでショッピングと映画を観に街まで出かけるのか?というと、「めんどくせえしカネもねえわ」となってしまいますから結果的に家に引き籠ることが多くなるんですよね。

 

ただ、ネットサーフィンも毎日同じことばっかりしてたらどうしても飽きるし、アニメだって1週間ずつ待ちながらの視聴ですから待ってる間は退屈ですよね。

 

とまあ、どうしても環境によって選択肢が少なくなってしまうわけです。仕方ないけどね。

 

 

田舎を好きになれないのか

TVの旅番組なんかでは田舎の牧歌的な風景などを取り上げて「いいですねえ~」って宣伝しまくっているわけですけれど、あれは普段便利な土地に住んでいて、たまに田舎を訪れるから感じるのだと思います。田舎暮らしの人間にはありふれた光景ですからね。

 

アウトドアで、自分で火をおこして飯盒炊爨したり食材調理したりしますけれど、あれってそういう不便さを「楽しむ」ためのものですよね。

逆に言えば普段はそんなことしなくてもいい便利な生活をしてるけど、たまに人間の原点に返ってそういうことをやってみようっていう、そういう「遊び」なんですよね。

 

まあ、僕の田舎は薪を切って風呂や釜を焚いたりするほどではないですが、便のいい交通や前述の娯楽っていうのは無いですから比較してやはり不便です。

 

たまに訪れる人が「田舎いいなあ」というのはわかりますが、そこで生活しているひとは「不便だなあ、もっと便利にならないかなあ」って思ってることってたくさんあるんじゃないかなって思います。

 

 

じゃあ、田舎が不便で娯楽もないし退屈でつまらんわ!はやくこんな土地出ていきたい!って思っているかといえばもちろんYESです。

YESなんですけれど...ただ「もっとこの町を好きになれないか?」という気持ちもあります。

都会には都会の、田舎には田舎なりの良さがきっとあるんだろうと思っています。

 

 

アクティビティが無いなら作るしかない

田舎は田舎ゆえに自然豊かです。だからこそアウトドアなど各種レジャーをするのにうってつけのスポットがアクセスしやすい近辺に沢山あったりします。

 

僕自身アウトドアには興味があり、知識や経験はほとんどないものの近いうちに道具などをそろえてソロキャンプなどできればと考えていたりします。

まだちゃんと考えられてないですけれど、今やってるジョギングなどのスポーツなんかと絡めて登山なんかもできればいいな、なんて思ってたり。

 

こんな風に、自分のやりたいように活動を増やしていこうゼ、っていうのが僕の最近の活動の大きな理由の一つになってます。

やりたいことを考えるんじゃなくて、やりたいことをアレコレ実現するために計画を練っていくのが大切なんだなと。

そういうコトを考えてたら、なんだか退屈だった生活も少しずつワクワクする楽しい日々になりそうでちょっと元気も出てきました。このままいい流れを作っていきたいところ。

 

自分の置かれている環境を、見方ひとつで良くも悪くも捉えられるんだな、っていうことを改めて思い出しました。

 

 

灰色のティーンエイジャーだった僕

何事もポジティブに捉える心の余裕がないとダメだなあ、とは大学時代に尊敬する先生や友達から学んだ大切なことです。自分としては常に意識していたハズのことなんですけれど、この一年でいろんなことがあったからでしょうか、いつの間にか忘れてしまっていたようです。

 

田舎に暮らしているという状況はそう簡単に変えられないことなので、田舎の中で如何にして充実した生活を送ってゆくか?ということを考えるのが現実的なんでしょうね。

 

ここまで自分の中で結論を出すのに随分時間はかかっちゃったんですけれど、まあなんとか自分の納得できる形で方針が固まったのでまた少し頑張る時期だなと。

 

 

なんだか、自分の環境を呪ったり、悔んだりしてきた10代の頃のことを思い返します。

言い方がなんかオッサンみたいだな。笑

 

田舎暮らしを憂いて、遠くのキラキラとした、オシャレな都会の街を目指して受験も人並みにやって大学に入りました。

 

出会う人や価値観、文化、目に入るすべてのものがあたらしくて刺激にあふれた大学生活だったと思います。留年も1年半しちゃったり、就職も結局まともにできず実家に帰ってきてしまうことにはなったけれど、本当に大学に行ってよかったと思います。

 

あえて地元を離れて、客観的に自分の10代の頃を見つめなおす時間を得たことで、今こうして地元に帰ってきてまた同じような境遇に居て、ここまでポジティブに考えていくことが可能になったわけです。これは、自分の中でとても大きなことです。

 

周囲にあたってばっかりで自分を深く見つめることから、そして現実を受け入れることから逃げていた僕の高校までの生活は、できることなら別の人のごく普通なものと取り換えてほしいくらいの自己嫌悪のあるティーンエイジでした。

 

それなりにうまく高校生活をエンジョイした人は「青春」の色が付くんでしょうけれど、僕は「灰色」だなと。「灰色のティーンエイジャー」だったんじゃないかなと思います。

 

なんか、小説のタイトルみたいでカッコイイですね、「灰色のティーンエイジャー」。「灰色のティーンエイジ」のほうがかっこいいかな、よくわかんないや。

 

まあ、なんというか。自分で自分の成長を感じることってすごく自己尊厳に大切なことだと思いますから、今回のことで得たそういう実感を大切にしながらまた少しずつ頑張ってみようと思います。

 

 

とはいえ、ハリキリすぎるとすぐバテると思うし、まあ、緩くやっていきます。

皆さんも頑張りすぎには気を付けて、緩くやりましょうね。

ジョギングは朝か夜か?

どうも、更新頻度を無理ない範囲で上げるぞキャンペーン中の僕です。

 

ブログを本腰入れてやってみるのってどうしたらいいかよく分からなくて、暗中模索状態です。やりたいことは沢山あるんですけども。笑

 

読みやすい文章を書くとか、カデゴリ分けをしっかりやるとか、そういうことをほかの方のブログを参考にしたりしながらうまくやっていきたいです。

 

 

 

ジョギングするなら朝?夜?

ジョギングしてるよって話は以前から書いてるんですけど、四月からは夜にも走ってみてます。結構いい感じです。

 

朝にやったり夜にやったりってのはその日の都合によってバラバラですが、結果としてうまく続けられているのでいいのかなと思ってます。週に大体3~4回のペース。

 

結論を先に書くと、どっちでもよい。

適当になってるわけじゃなくて、それぞれメリットデメリットあるからね、うん、っていう話。

 

あさ

いわゆる朝活ってやつですよね。夜明け前の薄暗さと涼しさがなんとも神聖な(?)気分にさせてくれる時間帯。

朝って言っても時間によってはいろいろ違いもあるので、ここでは早朝ってことにしときます。一日の生活に支障が出ないように早くからやるということです。

 

メリット
  • 体温が上がって活発になる
  • 早起きになって捗る
  • 単純に、気持ちいい

 

寝起きは体温が低く、身体の動きが鈍いです。運動を取り入れることで血流を良くしてシッカリと体を起こしてあげるのが一日のスタートを上手く決めるのに大切ではないかと思うんです。

早起きも結果的にメリットになります。当たり前ですがジョギングに限定せずとも早起きできれば通勤通学で遅刻しにくくなるし、先回りしていろんなことできるしでなにかと捗ること間違いなし。

あとこれはとても大切なことですが、「早朝にランニングする」ということへのイメージですね。健康的だし、朝の活動って涼しくて気持ちいいですし、メンタルに少なからずポジティブ影響を与えてくれます。

 

デメリット
  • ねむい
  • 早寝早起きがほぼ必須
  • 雨の日どうすんねん問題

 

今の生活より早起きすることになるので当然めっちゃ眠いです。慣れるまで大変。書いてる僕自身、健康にいいと分かっていても睡魔には勝てないこともしばしば。まずはしっかり睡眠時間を確保することが大切です。

特に仕事をしている方は、前日に残業や飲み会で夜遅くまで起きている方が多いでしょう。そんな中頑張って早起きしていると「遅寝早起」になってしまい、仕事場で居眠りしちゃったり、その内無理がたたって体を壊しかねません。無理は禁物。

朝から雨が降っていると、ジョギングする気持ちがすぐ萎えちゃいます。こればかりはヒトがどうすることもできないので、せっかく早起きした時間をムダにしないためにも何か別のことに手を付けるといいでしょう。窓ふきやトイレ掃除など、ちょっとした掃除なんかが個人的にオススメ。

 

よる

午後8時~11時あたりのイメージでしょうか。日付変わる直前までやるとさすがにしんどい気がします。

寝る前の時間、何かしようと思いながらも日々なあなあに過ごしている場合は、夜にやるのがいいかもしれませんね。

朝と違って周囲が暗いので、蛍光タスキなどをつけて周囲の歩行者や車に配慮する必要があります。

 

メリット
  • 時間をとりやすい(気がする)
  • 身体がよく動くので朝よりグングン走れる
  • 気持ちよく寝れる

 

朝早起きするのに比べて夜は大抵起きてるので、タイミングを失う可能性は低いような気がします。早起きと夜更かし、どっちが得意ですか?と聞かれれば大抵は後者かと。

一日の活動を経て身体がある程度温まっている状態になっているのか、朝よりかなり走れる感覚があります。息が上がって走れなくなるまでが少し長いので、朝にも走っている方は特に夜の方がよく走れると感じやすくて楽しいのではないかと思います。

走った後は心地よい疲労感があるので、寝るまで少し時間をおいてあげると気持ちよく眠りに入れるように感じます。あまり遅い時間に走ってしまうとかえって神経が興奮してしまい、時間や運動の強度の塩梅はうまくつかんでいく必要がありますが。

 

デメリット
  • 仕事の都合によっては時間取るの難しい
  • 夜更かしにつながりやすい
  • ケガをしやすい

 

仕事が夜勤だったり残業が多かったりする場合は現実的ではないかもしれません。ある程度の頻度で続けていくことが大切でしょうし、たまにできる日もあるという程度だと継続して行うのは難しいでしょう。早朝や夜にこだわらず、スキマ時間に運動を取り入れる必要があるのかもしれません。

夜の時間は自分の時間に使う人も多いと思います。TVも面白いものが多かったり、いろんなことに時間を使いたくなり、そこへジョギングも加えるとなれば就寝時間が遅くなるのは当然と言えます。日によってジョギング、TVなどやることを分けられるといいですね。

 

 

続けたいなら努力するよりラクしろよ

 

朝も夜もメリットデメリットがそれぞれあり、「早起きを日課にしたいから朝にしよう」「朝はギリギリまで寝てたいから夜にしようかな」など、人によって都合のいい時間は違うと思います。

 

自分が継続して行えるよう、定期的に予定を開けやすい時間帯を把握しておいたり、走る時間や距離・ペースを自分がラクにこなせるレベルに最初は設定するなど、続けられるような工夫をしてやることがとても大切です。

 

正直、ひたむきに努力することは素敵だと思います。ただ、何も考えずにガムシャラにやるってのはちょっとどうかと思ってて。

どうせ努力するなら「ラクするための努力」しませんか? ラクして同じ結果をだせるなら絶対ラクな方が続きますって。当たり前ですけど。

 

以前の僕は早朝のジョギングが健康にいいからと、早朝にこだわって決まった時刻に決まった時間走るというようにしていました。ですが日によって予定が変わるので継続して朝だけ走るのは難しいと思いました。

 

そこで最近は、その日の都合に合わせて朝か夜かを選んで走るようになりました。

これが一番いいというつもりはないのですが、自分にとっては継続していけることが一番大事なので、あえて時間帯にこだわらないことにしました。

朝だったり夜だったりで多少バイオリズムが前後することもありますが、予定に余裕を設けてあげることで、今のところは生活に大きな支障もなくうまくやれています。

 

続けられているので体重も少しずつですがちゃんと減ってるし、結果が出てうれしいので続けられるのかなと思います。

 

前回の記事の最後となんか一緒のこと言ってますけど、やっぱり「続けなきゃ、がんばろ」と思ってやっても僕はうまくいかないと思います。(根性なしだといわれても仕方ない)

 

 「できなきゃダメ」って考えると自分追い込んじゃうし辛いから「これだったらできるからやってみよ!」っていう方向で考えられたらなと。

 

「早起きできた」「走ってはないがすこし外を散歩した」「昨日は早く寝た」っていうアナタ。その時点でえらい。えらいんですよ。間違いなく前進していますからね。

 

 

まあなんにせよ、緩くやっていきましょう。

ダイエット3か月やってみて変わったこと。

更新頻度上げていきたいです、どうも僕です。

 

以前みたいに短めの記事を一定間隔で投稿していきたいなーと思っている(だが続かない)ので、また挑戦してみます。

うまくいくまで試行錯誤しつつ何度も挑戦、ですね。がんばるます。

 

 

ダイエット3か月やってたんスよ

ダイエット自体は何度もやってましたが何度も挫折してました。三日坊主なので、色々続けられるようにゆるーく目標設定などしつつ、4月から再スタートしました。

 

内容としては王道の食事制限と適度な筋トレ、ジョギングです。詳しくは別の機会に記事書こうと思いますが、大体は以下です。

 

食事→朝にプロテイン+α、昼はふつうに食べて、夜にコメを豆腐に置き換え。

筋トレ→「キツくなったらやめる方式」。各部位5回とかそんなもん。笑

ジョギング→「キツくない速さ(LSD)である程度継続して走る(2~30分)」

 

7月現在、サボり癖も出たりしつなんだかんだ続いているので、うまくいってるんやと思います。

 

 

変わったこと

3か月も続いてたらいろいろと体の変化もあるものです。

 

筋肉ついた気がする

特に足全体と腹筋かな。依然として表面は厚い脂肪アーマーが付いてますけど、その内側に確かな固い感触を感じます。力入れてなくても固いので、実感あっていいですね。

 

筋トレ毎日やらずに、日を空けた方が超回復して成長するそうですね。ドラゴンボールサイヤ人が、戦闘で死にかけたら戦闘力あがるっていうのあるんですけどソレと一緒ですね。

 

頭がスッキリしてきた(回転するようになったとは言ってない)

たぶん食事制限、糖質制限(夕食のごはんを豆腐に置き換えするなど)の恩恵かなぁと。

 

以前は欲望の赴くまま暴飲暴食でコメ食いまくりだったので、食後の血糖値の乱高下があって眠かったり頭痛やめまいなどが多かったです。

しかし、最近は食生活を正したおかげか、そういうのは基本的になくなりました。まあ、ストラテラの副作用で眠くなることはあるけど・・・。

 

やせた

何を当たり前のこと言うてんねんドアホゥ!!! と言われそうですが、結局これが一番うれしいですよ。

 

4月当初90.7キロだったんですが、この記事を書いてる7月9日現在で83.4キロ。3か月で7キロちょっとの減量に成功しました。

もともと90キロということで太りすぎにもほどがあるだろ!って話ですが、ありがたいことに健康的なペースで面白いように今までは痩せてきました。

今後は痩せるペースも緩やかになるかもしれませんが、楽しんで根気よく続けます。

 

ちなみに痩せて変わったことといえば、ズボンのサイズが2インチ下がったことと、正座が普通にできるようになったことですかね。けっこう嬉しいもんですね。いやー、よかった。

 

 

 

継続は力なり、とか言ってると頭がおかしくなって死んじゃう

 

ダイエットを続けられたから結果が出た。

まあ当たり前のことが起こっただけなんですけれど、注目すべきことって「継続すること」じゃないんですよねたぶん。

 

僕みたいなADHDだと興味関心はすぐよそに移っちゃうし、飽き性なところもあってなかなか続きません。

だから「継続は力なり」ってのに対して、まあそうだと思うけどできねーから困ってんだろうがよォコッチはよォ(血涙) と、涙を流してきたわけで・・・。

 

継続できると経験値たまってきて手順とか覚えて「なにかと捗ってくる時期」が来て、楽しくなるとは思うんです。だけどそこまでが辛くて、頭がおかしくなって死んじゃう(リタイアしちゃう)んですよね。

 

個人的には 「継続しよう」って思って頑張ったりキツいのを我慢するのより、頑張らなくてもできるくらいの内容に留めてまずは喜び・楽しさを見出だしてやることの方が大事じゃないかと思うわけです。モチベーションの創出・維持ですね。

 

たとえば「今日も日課の筋トレ完了。腕立て2回、腹筋5回、スクワットは気分に乗って10回もやっちゃったわ~俺ってストイック(*^-^*)」とかいって筋トレに目覚めたオレサマ的な澄ました顔で自撮りをインスタに上げる、っていうのでもいいじゃないですか。笑 

そういう楽しみとか喜びってのを見つけるまでは続けなきゃいけないから、まず続けられる程度で少しの間やる。そういうことが意外と見落とされがちなのかなって。

 

 

まあ、ホント緩くゆっくりやりゃいいじゃないですか。結果として継続できてれば、1ミリずつでも確実に成長してるわけですから。無駄じゃないですよ、それって。

 

 

六月後半のこと。「支援センター、有能」「夜ランに学ぶこと」「母と意思疎通、困難」

雨が降らないなーって思ってたら台風とか大雨来ましたね。 自然災害にはお気をつけ下さい。

 

更新が少し遅れましたが、記事の書き方について少し考えてました。(あとサボりぐせが現れつつあった)まだまだ改良の余地ありなので緩くやります

 

改善の試みとして

  • ブログタイトルの変更

ADHDがメインテーマなのにタイトルに入れないのはどうかと思って。あと検索で引っ掛かればいいなと。

 

  • 記事タイトルを内容に即したものにする

→読みたい記事を探しやすくするため。

 

  • 書きたいことが沢山ある時は構成をサザエさん方式にして目次をちゃんと作る

サザエさん方式は、今日の記事みたいな小テーマの数本立てにすること。

目次は、あると気になる部分だけササッと読みやすいよな…という考えから。

 

  • 一つのテーマの記事も書いてみる

→例えば「僕がやってるジョギングのやり方」とか。いろんなテーマについて一つの記事で扱うのではなく一つのことについて書きたい時には単一のテーマで短く書くのもありだなとおもったので。

 

  • なるべく無駄な情報を省いて文を書く

→読む人への配慮。あと簡潔にわかりやすくまとめる訓練。

 

という感じで今後頑張ってみようと思いまする。

 

 

 

 

 

支援センター、有能

 

 

発達障害者支援センターに通っていて、色々助けられてます。相談員のお姉さんが有能すぎて泣けてくる…。

 

 

就労支援や家族へのADHDの説明など様々な面でサポートを頂いてますが、一番有難かったのは「簡易的な特性検査をやってくれている」ということ。

 

発達障害は得意不得意などの「特性」がありますが、これはWAIS-Ⅲなどの知能検査で普通調べられ、様々な能力を数値化して示すことで自分の特性を理解しやすいです。

しかし、検査を行っている病院は予約が取れなかったり、取れても長い間待たされることも多いようです。

 

とまあ、なかなか受けるのが億劫な知能検査なんですが、相談員の方が僕の特性について少し分析してくれています。いくつか質問をされた後、どうやら聴覚の情報処理が弱いみたい?とのこと。

 

「周りの音が気になって人の話を聞き取りにくい、耳から入る情報の処理が苦手などの特徴があるかもしれませんね」と言われましたが、ハッとしましたね。まさにその通りだと。

 

大学の頃に居酒屋バイトを始めた時、キッチンの換気扇やフライヤーの音で先輩のいうことが聞こえ辛かったり、マルチタスク苦手も相まってメモと話を聞くことの2つ並行するのは困難だったりで辛かったです。

 

こんなふうに自分の特性を理解することで過去の失敗に対して「ああ、だから失敗しちゃったんだな」というのが分かって、次に活かせます。自分では気づけない発見が沢山あり、相談員さんにはほんと頭が上がらないです。

 

発達障害の診断がない方でも相談だけでも受け付けていることがあるみたいなので、「ADHDなのかな…」と思った際は支援センターに相談してみると救われるのかも。

 

 

 

 

夜ランに学ぶ

 

以前の記事で「雨降らねえなコメ農家さん大丈夫かよ」という話をしていましたが、昨日今日は大雨。台風とか梅雨前線の影響らしいです。

 

ジョギング(LSD)は上手く継続中です。しかし最近は早朝から雨の日が多くて朝ランがなかなか達成出来ていませんでした。

夜には止んでいることが多く、代わりに夜走ることが多くなったのですがコレがなかなか楽しくて。色々発見がありました。

 

1つ目は暗いので人に自分の醜いボディを見られにくいこと。恥ずかしがり屋な僕にとって大事なこと。人目を気にせず走れるのは気持ちいいですね。

 

2つ目は体が結構動くこと。コレは一日、体を動かすことで全身がほぐれているのかな?と思いますが詳しい理由は分かりません。

けど朝より夜の方が速く長く走れる体感はあります。

 

3つ目は寝つきが良くなった(気がする)。運動したあとシャワー浴びて扇風機の前で「あ゛〜」って言ってたらすぐ眠くなります。軽く運動して心地よい疲労感を得られるのが良いんですかね。

 

夜ラン、是非お試し下さい。

 

 

 

 

母と意思疎通、困難

 

え?どゆこと?って感じですけどほんと書いた通りです。

今までなんとなく思っていたことですが、支援センターに通い始めてハッキリとしてきた形です。

僕と母親の特性とか、性格の違いの話なんですけどね。

 

僕は物事の流れとか順序、背景を理解することで物事をゆっくりと、きちんと理解するタイプのようです。

一方、母はチャキチャキしてるというか、テキパキ素早く動くタイプで物事の要旨さえある程度わかれば上手くやれる手際のよいタイプ。

 

お互いに得意・不得意があるんですけど、日常生活においてはこの違いがそのままコミュニケーションのズレに繋がってくるようです。

 

例えば母が僕に頼みごとをして、僕が引き受けた時に「ここはどうしたらいいんだろう?」と疑問が生まれた時に母親に聞いたら

 

「〇〇に決まってるでしょ!そんなことも分からないの?!」

「〇〇すればいいでしょ!(僕にはその発想が全くなかったようなこと)」

 

とか言われます。僕の手際の悪さが母をイライラさせてしまいがち。

母としては「これは言わなくてもわかる、常識だ」ということが僕にはわからない事だったりします。

言わなくていいだろう、という考えから情報を減らして伝えているのでしょうが、僕にしてみれば情報があまりに不足しているという状態なので、簡単な頼み事でも失敗してしまったりします。

 

僕としては失敗したくないから、分からないことは細かく尋ねて確認したい。でも母はそこに苛立ちを隠せないでいるみたいです。

そして、そんな様子は僕にも伝わってくるので、「イライラさせたり怒らせたりしたくないなぁ… 分からないけど聞くのはやめよう、億劫だ」という方向になり、失敗してしまいます…。

 

あとコミュニケーションについて、これは僕が勝手に思っているだけですが、母は僕の言うことは半分くらいどうでもいいと思っているんじゃないかなと。

今の僕の立場って、迷惑かけてるただのニートで、家の様々なことに関して発言権なんて本来全くないようなものですしね…。

 

また、昔からよく僕が親を困らせていたことなどもあり、僕のやることは信頼もされてないんだと思います。

だから「お前がやることなすこと上手くいくと思えない。余計なことは考えずに私の言う通りにしておきなさい!」と言っているような気がして…なんというか、やっぱり悲しいですね。

 

もちろん、母なりに僕を心配してのこうした態度なのだと思います。

でも、結局僕のいうこと全て聞き入れろとは言いませんが、話を聞いて考えてもらう余地をほとんど与えてもらえないのは、とても辛い。

こういう状況を作り出したのは僕の脳なんですけれど、やるせない気持ちになります。自分がどんどん嫌いになります。

 

なんか、自分で書いててめっちゃ暗いなぁ…。(>_<;)

 

まあ、まだまだやれることは沢山ありますから、今後も頑張って自分の話を聞いてもらえるよう努めていきます。

 

しかしもう50数年生きてきた母の考えを大きく変えることですから並大抵のことではないと。

途中で心が折れてしまったら、その時は母や父や兄、親戚みんなのことを嫌いになって、どこか遠くに逃げ出してしまうのかもしれません。

 

正直なところ、自分の中のネガティブな精神はそれでもいいんだよとか、そうなっても仕方ないと優しく語りかけてきます。強く否定出来ないんです。

最終的にそうすることが悪いとは思いませんが、今それを考えてしまうと、なんだか「もうそれでいいじゃん。疲れたよ。」ってなっちゃいそうで。

せっかく実家に帰ってきたのも、家族とやり直す最後のチャンスだと思ったからですし、そこは意地になって踏ん張ってもいいところなのかなって思います。

 

 

 

 

 

最後に

 

とまあ、最後だけ長くなりましたけど最近はこんな感じです。母とのことがあって、やや暗い気持ちになってきてるのかな。

 

やはり一緒に暮らしている家族と上手くいかなくて、怖くて、ってなるともはや「家族ってなんなんですだよ?!」って感じで茫然自失状態です。

 

辛いなー、嫌いになりそうだなーと思いますが、負の感情で得た力って、不健全で確実に自分を蝕んでいくと思います。

家族や誰かを嫌いになって、憎しみを力に変えて結果を出してもその後ぬけがらになったり、力を得続けるためにまた違う誰かを憎み続けていって…。

誰かを憎むというのは大きな力を得られますが、とてつもなく疲れることです。 その疲れがあるラインを超えた時に「もう何もかも嫌だ、死のう」ってなっちゃう気がして。怖いです。

 

ネガティブの感情からではなく、ポジティブな感情(褒める、愛する、感謝するetc……)を人から向けられて、そこから力を得ていきたいですね。

 

ゆっくり話を聞いてくれる人、「大変だったね、つらかったね」と言ってくれる人、そういう人が1人でもいたら、僕は沢山頑張れると思うんだよね。

 

同じような境遇の方がいたら、話を聞いてくれる理解者を探してもらいたいです。

 

という訳で、長々とありがとうございました。

僕にとってはメロンソーダなんて偽物でさ、ホントはソーダ水なんだよ

相変わらず半月更新でグダグダと書いています。

 

梅雨に入りましたが、全くと言っていいほど雨が降らない…。果たして農作物とか色々大丈夫なのかなと不安です。(:3_ヽ)_

 

 

 

つい先日、やっと県の発達障害者支援センターに行くことが出来ました。

 

両親と僕の3人で伺い、相談員の方とADHDの両親への説明や就職のことなどを広く浅くお話し、今後も通う方向でその日は終わりました。

 

 

相談員の方はさすが専門職?ということで説明もわかりやすく、両親の質問にも優しく答えてくれたり、僕の色々な特性についても分析(口頭で軽くですが)してくれたので行ってよかったなと思います。

 

 

今後の就労に関しては、ハロワなどを有効活用しながら自分の得意・苦手を理解して社会参加していく形になるのかな、と思います。

 

あと、関西に帰るとしたら一人暮らしになるので、そうなった時上手く生活していけるために家事などの練習をしていきましょうとも話をされました。

 

確かに大学時代はズボラでした…服はシワだらけだったし、髪もボサボサだったと思う。部屋は言うまでもなくゴミ屋敷で… 訓練しなきゃですね(^_^;)

 

 

専門職である相談員の方との面談の中で、たくさんのことを学んで行ければと思いますし、これからうまく生きて行ければいいなと思います。

 

 

 

 

話は変わりまして、最近ジョギングと筋トレがアツいです。

 

もともと肥満体型なのもあってダイエットのために始めたんですが、少しずつうまく行き始めてて楽しくなってきているところです。

 

ジョギングは以前も言っていたLSD(ロングスローディスタンス)で、最近は40分ゆっくり走って5キロほど有酸素運動で走れるようになりました。

 

ときどき、朝と夜の2回走ってみて1日に10キロほど走ることもあります。すごく痩せますけど、翌日が疲れますね…笑

 

筋トレは本当に苦手意識があったんですけど「これならなんとかできるかな」くらいのハードルの低さから始めて、ゆるく続けて行ければ確実に筋肉はつきますし、何でもそうかもですけど「途中でやめちゃったりしないような工夫」てのが大切なんだなーと。

 

筋肉が若干ついたおかげで代謝も上がり、少しずつ確実に痩せてきてるのが嬉しいです。ダイエットをちゃんと始めてから2ヶ月ほどですが、多少上下を繰り返しながらも6キロほど痩せました。

 

このまま痩せていってスリムになればお洒落もできて、自分に少しは自身持てるのかな?何にしても、人生で一番うまく痩せれているのでこのまま標準体重まで痩せていきたいと思います。

 

 

今回はネタが少なめなのでこんなものかな。

小ネタを見つけたら少し頻度を上げて小出しにしていきたいと思います、宜しくお願いします。

 

 

 

「くもり空だってちゃんと明るいんですから、あなたね、悪いことばかりじゃないですよ。」

 

6月になりました。少し小ネタがたまったので更新。ADHDな自分が考えたのでADHDの方には多少効果があるのではないかと思います。特に後半はほぼ自分のADHD対策です。

 

 

ところで、今までもそうだったんですが、毎回小ネタのあつまったやつを記事にしていました。

それで、日ごろ読むほかの方が書かれているブログなんかは目次とかをしっかりつけてるなあと。

 

ある程度整理された目次があれば、読む人も情報を選んで読みやすいとかいろいろと利用しやすくなるのかななんて思うので導入してみようと思います。

 

SEO対策?(実際はあんまよくわかってない)などでやる方もおられるようなのですが、アクセス数を稼ぎたいとかいう気持ちは今のところそんなにないです。(増えたらなんかウレスィですけど)

自分の忘備録的な役割が大きいのと、ネットを通じて思うことを発信して他の人に見てもらうことで、世間ではどういう反応をされるものなのかを知りたいというのが理由になってます。まあでも後者はアクセス数増やすってのは合理的か。なんかテキトウですいません。

 

まあ、そういうわけで目次づくりにチャレンジしていきます。見やすくなればいいな。

目次でアクセスできる分、いつもより少し分量多めかもです。

 

 

 

 

 健康的な生活のための取り組み

 

身体は資本、病は気から、などというわけですが、体調が悪いと気分がノりません。当たり前ですね。

僕は体調が悪いとか、天気が悪いとか、なにか自分のやる気を削いでしまう要因を見つけると簡単に心が折れてしまいます。

なのでなるべく周囲の環境を整えることで安定的に「よっしゃやったるでー!」っていう気持ちにもっていくようにしています。

天気は流石にどうしようもないですが、自分の体調、つまり健康はある程度どうにかできるやん!ということで、いろいろやり始めました。

 

プロテイン(ソイ)の摂取

痩せたい。可能なら細マッチョになってクールなメガネキャラを気取りたい。っていうヘンな理由でダイエットをいろいろやっているんですが、最近食事制限とプロテインを始めました。

 

プロテインには動物性たんぱく質ホエイプロテイン、植物性たんぱく質ソイプロテインがあるようですが、ホエイは筋肉がモリモリにつくということなので僕はソイを選んで飲んてます。まあ、そう簡単にゴリマッチョになれるわけないんですけれどね。

 

ソイプロテインは筋肉の肥大に関してホエイには及ばないものの、体脂肪を消費しやすくする様々な効果があるそうなので、痩身が目的な僕にはちょうど良かったです。

 

毎朝、朝食代わりに一杯飲んでます。意外に腹持ちもいいので昼まで持ちます。大豆臭さなどが受け付けない人もいるようですが、僕は無調整豆乳をガブガブ飲める人間なので今後も続けられそうです。

 

 

朝イチにラジオ体操

別に疲れているわけではないけれど何となくだるい、ということが多いです。

 そういう時は体がまだ目覚めてないんだと思って、体温を上げるために運動するようにしました。そう、朝活です。

 

手始めに手軽で健康増進のイメージがあるラジオ体操を始めたわけなんですが、コレがなかなかいい感じ。身体全体を動かすからか、いいストレッチになる上、ちゃんとやるとすこし息が乱れるくらいにはなります。

「あー体動かしてるわぁ」ってゆるく感じるくらいのちょうどいい運動です。ラジオ体操第1・第2までやると、その日は体が固くならず動きやすい気がします。

 

ちなみに、途中のジャンプをするところはけっこう音が下に響くと思うので、住む環境によって騒音の原因にもなるので、心配ならその部分だけやめておくといいかもしれませんね。

 

 

一日を計画的に過ごすための取り組み

 

ADHDの特性によって、衝動的な行動をとったり作業を継続して行えず完遂することができない場合が多いのですが、予定ひとつひとつのハードルを下げて「クリアする」ことを重要視したり、あまり予定を詰め込まないなどの対策を取れば一日を有意義に過ごせるような気がします。

 

僕は作業を完遂させたり、最初に取り掛かるのが億劫になりがちだったので、自分なりに調べたりして自分に合うやり方を考えてみたりしました。

 

一日のスケジュールをメモ

けっこうハードルが高く感じられますが、慣れると必要な情報を結構絞れてきて、書くのにも慣れるため10分もしないうちにパパっと書き上げられます。

メモをとる、という行為自体も余計なことを考えなくてよくなるのでメモをするクセをつけたいところですね。

 

基本的には前日の夜に翌日の予定を簡単にまとめてToDoリスト+スケジュールみたいな形で書いてます。

スケジュールはギチギチに予定入れたり、キッチリと時間を決めて書いちゃうとそれを守れなくて、モチベーションも下がり最終的に何もせずグータラと過ごしてしまう、なんてことになる危険もあります(実体験)。

 

ほかの人との予定など、時間が決まっている用事以外はフレキシブルにこなすユルさをもって予定を組むことがうまくいくコツなんじゃないかと思います。

細かい時間ではなく、時間帯で分けることにより、状況に応じて柔軟に取り組むToDoの順番を変えられるのでやりやすいです。

 

僕は午前・午後でざっくりとToDoを分類しています。

「午前→早起き、散歩、ラジオ体操、薬飲む、ハミガキ、庭の手入れ」

「午後→外出(服、お菓子を買う)、風呂掃除、洗濯ものをとりこむ、夕食、明日のスケジュールメモ書く」

 

みたいな。あまり詰め込みすぎない程度に、ざっくりとした分類でスケジュールを組むといいように思います。

 

Habiticaの導入で効率的に楽しく計画を立てる

 スケジュールをメモする、という前項の延長線上にある話です。手書きでメモを書くのは慣れてそんなに苦ではなくなったんですけど、メモをどこかに置いてきちゃったり、紛失しちゃったときに何もできなくなるのが不安でした。

 

そんな中で、つい数日前ですがHabiticaというToDo管理のアプリをたまたま見つけました。

 

 

↓Habitica(Android版)↓

Habitica: タスクをゲーム化しよう - Google Play の Android アプリ

 

iOS版はコチラ↓

Habitica: Gamified Task Managerを App Store で

 

 

Habiticaの素晴らしい点についてはまた別の機会に詳しく書こうかなと思うんですが、カンタンにその良さを書くと

 

  • ToDoを「期限までにやること(ToDo)」「日課」「これから習慣づけたいこと(Habit)」に分類できる
  • タスクをこなすことでキャラを育てられる「RPG風のシステム」がたのしい

 

ということ。特に前者は素晴らしい。

 

「やらなきゃいけないこと」という漠然とした括りではなく、優先順位や重要度などで様々に分類・整理したほうがその時必要な注意力を、向けるべきタスクに向けやすくなるようになると思います。

 

毎日のルーチンワークは少なくとも自分で覚えているので書かなくてもいいし、もっと他に「今日は病院」とか「市役所行く」とか、その日にしかできないその日にできることを書くべきなんじゃないかと思いますし、そもそも毎日やることってメモするのも手間がかかるし面倒です。

 

HabiticaはToDoをうまく分類してくれます。なのでその日にやることの順序を立てるのが簡単になって、頭の中がいつもゴチャゴチャしがちなADHDにはホント助かることだなって思います。

 

スケジュールはキッチリ時間を決めたりせず柔軟にこなすことが大事だと書きましたが、実際にやることを確認するときはタグ付けなどでキレイに整理して、分かりやすく素早くアクセスできるようにしておくことが大切みたいです。

 

後者に関してはモチベーションのきっかけになりやすいというか。

自分で設定したタスクを達成すると経験値やお金が手に入り、キャラのレベルが上がったり新しい装備を買えたりします。

これがRPGゲームっぽくて少し面白い。毎日のスケジュールがゲーム感覚で楽しめるようになるとやる気が出て、なんというか、「捗る」っていうヤツ? そういう状態になるんじゃないかなって思うんです。

なんか雑でスイマセン・・・。笑

 

 

おわりに

 

といった具合で、今回は健康に関することと計画性のある生活を送るための工夫なんかについて目次なんかも使ってまとめました。

 

ADHDがうまくやっていく、「捗る」という感覚を得るためには日常に沢山工夫をしてうまく回していく必要があるんだと思います。

そうして積み重なっていったものが自分に自信をつけさせてくれるんだろうし、ゆくゆくは健やかな生活へと導いてくれるんだろうとも思います。

 

出来ないことを必死に頑張ることで得られるものも大切だとは思いますが、それよりも「できること」をしっかりこなして自信をつけるというか、「自分で自分をほめる、励ます」ということが実は大事なんじゃないかなと思ったりします。

 

自己評価の低さからいろいろな点で生活に支障が出るわけなんですけど、そういう状態だからこそまず自分が自分を尊重してあげて「自分にはいいところもあるな」という気持ちを持つことで、少しずつ心が上向いていくように思います。

 

 

僕も無理に頑張りすぎて心が折れてしまわないように、丁寧に大切に育てながらちょっとずつ「できることをふやしていく」つもりです。

出来ることが増えればもっと捗るし、人生楽しくなっていくんじゃないかと思っています。楽しく生きていきたいですね。

 

 

 

てな感じで、いつもよりたぶん長くなったかなと思うんですが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

「目先のことに惑わされていると、冬の寒さに負けてしまうんだよ。」

だいぶ暑くなってきました。

 

関西に住む友達がTwitterで「クソ暑い」みたいなことを言ってたのですが、とても気温が高くなってましたね。

梅雨入りを前にしてこれだけ暑いと、本番となる夏の熱気がどうなってしまうのか…。

 

 

 

身の回りでは特に大きな変化は正直起こっていませんが、つい先日、やっと発達障害者支援センターと連絡を取りました。

 

「まだ相談してなかったんかい」と言われそうですが、僕の場合母親がすぐ病院を探してきてそこに行くことになり、こういう支援センターに相談するのをすっ飛ばしていたんですね。

 

 

今回連絡したのは、本格的に支援を頼もうと思ったからです。

 

今の課題は「家族にADHDのことを知ってもらう」「今後の就職に関して支援、というかアドバイスを得たい」ということです。

 

現在通院しているクリニックなどで両親に説明してもらうことは出来ると思いますが、診察時間が1人あたり10分程度なのであまりきちんとした説明は受けにくいと思いました。

 

また、もうひとつ通っている若者支援の窓口に関しては、実は最初の面談で支援センターを斡旋して頂いていました。

こちらで説明をお願いする選択肢もありましたが、発達障害を広く啓発し、就労支援することを専門に支援されている支援センターが最もノウハウや活動の内容に合致していると感じました。

 

支援センターに先述の二つの課題に関して相談と支援をお願いすることにしましたが、同じように発達障害で困っている方が沢山おられるようで、予約が取れるのは1ヶ月〜1ヶ月半待ちとの事でした。

 

もともと薬が早く処方されたこともあり、当初考えていた治療期間、進捗としてはまだまだ早すぎるくらいだと思っているので全く問題は無いのですが、すこし手持ち無沙汰になった気分です。笑

 

 

そろそろ、バイトしないとなぁ…なんて思います。バイト今していないんですよね。

 

塾講師のバイトを以前始めたんですが、ブラックすぎるが故に出勤二日目に辞めました。

忍耐力がどうこう、というより習ってない教科を教えるのは無理!って話です(´・_・`)

 

そんなわけでしばらく働くのが怖くて何も出来ていなかったわけなんですけど、お金が無いことで困ったり日常生活で楽しみを見つけられない、といったことが増えてきたので収入を得なければいけないなと思うのです。

 

ADHDでも出来る、比較的馴染みやすい、戦力になれるようなバイトってなんだろうなー?ってのが最近の考え事のメインです。

 

マルチタスクが難しいなら接客(特に飲食)なんてとてもできる気がしませんし、かといって別のバイトを探してみても特にパッとするものがなく… 毎週タ〇ンワークとにらめっこしていますが、バイト探しはしばらく続きそうです。

 

今後はバイト探しも大切な課題として考えていきたいと思います。なるべく早くバイトを見つけて、お金貯めて関西に行きたいです。

 

 

これから梅雨入りが少し怖いですが、元気に活動していきたいと思います。

 

そういえば、毎朝起きてすぐラジオ体操と筋トレをするってのを始めたんですが少しずつ体が動きやすくなってきた気がします。